効果的な若年性アルツハイマー予防サプリの飲み方と副作用

認知症予防サプリ

高齢化社会となった現代、認知症増加・介護問題など

問題は山積みです。しかし、それらの問題に対して何もして
いないわけではなく、日々着々と対策が練られています。

 

中でも認知症対策にと、手軽に生活に取り入れられ、予防効果も
あるとされるサプリメントが研究開発され注目されています。

 

そんな若年性アルツハイマー予防サプリをさらに効果的に飲む方法、
また副作用の危険性などについて、今回は紹介していきます。

 

 

効果的な若年性アルツハイマー予防サプリの飲み方

 

1日の摂取目安量

 

こちらは、各商品ごとに定められている量を
事前に確認し、きちんと守りましょう。

 

多量摂取したからと言って効果がアップすることはなく、
毎日摂取目安量を継続的に飲むようにしましょう。

 

厚生労働省のDHA・EPA推奨摂取量は、なんと1日1,000mgです。
つまり、食事内容を考慮して魚食の日はサプリメントの量を少なめにする、
逆に魚食でない日は少し多めにするなど、摂取量のバランスを
確かめつつ摂取量を調整するのがおすすめです。

 

 

飲む時間帯やタイミング

 

サプリメントは医薬品とは違い、正確に用法用量が決められていません。

 

つまり、飲む時間帯やタイミングは自由です。
が、基本的に体内への吸収率がアップしている食後に
サプリメントを水やぬるま湯などと飲むのがよいでしょう。

 

 

最低3か月は継続して飲む

 

サプリメントは即効性ではなく、じわじわゆっくり体に働きかける
特性上、ある程度長い目で見て継続して飲まないと効果の
有無を判断出来ない事が多いとされています。

 

しかも認知症「予防」と、こちらは予防のためのサプリメントなので、
すぐ効果を実感しにくいでしょう。ですが、認知症予防に効果的な
有効成分を毎日継続的に飲むことはとても大切です。

 

万が一、体に合わないなどの場合はしかたありませんが、
最低3か月程度は毎日欠かさず継続しましょう。

 

 

若年性アルツハイマー予防サプリの副作用の危険性は?

 

今回紹介している若年性アルツハイマー予防サプリを含め、
若年性アルツハイマー予防サプリに配合されているのは、
人間の体内に元々存在するもの、食品に含まれるものなど
ばかりなので、安全性が高いサプリメントとされています。

 

つまり副作用の危険性はほとんどないとされますが、万が一を
考え以下のようなことに注意して服用してください。

 

 

他のサプリメントや医薬品との併用

 

他のサプリメントや医薬品に影響したり、副作用もほとんど
ないとされていますが、飲み合わせに不安を感じる方、通院
治療中の方は、念ために事前に医師に相談しましょう。

 

 

アレルギー体質の場合は事前に原材料をしっかり確認

 

若年性アルツハイマー予防サプリに配合されている成分の中には、
魚介類・大豆などから抽出できる天然の抽出成分が多くあります。

 

そう言った配合されている原材料、カプセルに使用されて
いるゼラチン等にもしアレルギーがある場合は、事前に
確認することで危険を回避できます。

 

 

過剰摂取は止めましょう

 

サプリメントとは、手軽に必要量の有効成分を
補えるようにギュッと凝縮してつくられたものです。

 

もし過剰摂取してしまった場合は、栄養が偏る事も考えられます。
各商品の目安量をきちんと毎日守りましょう。

 

 

妊娠中や授乳中の方、小児の摂取について

 

若年性アルツハイマー予防サプリとして販売されている中には、
学習能力・思考力をアップする効果を持つ成分配合のものもあり、
子供・若年層の摂取を対象に販売されているものもあります。

 

ですが、お子様や妊婦さんについては、摂取は
控えるようにと記載されているものもあります。
なので事前に説明書などをしっかり確認してください。