若年性アルツハイマー予防サプリの配合成分をわかりやすく紹介!

若年性アルツハイマー予防サプリの配合成分

認知症予防サプリ

 

DHA・EPA

 

青魚由来のDHA・EPAは、不飽和脂肪酸の一種で、
脳・神経細胞機能をサポートする働きがあります。

 

EPAは、ドロドロの血液をサラサラに改善してくれ、脳血管障害
予防にも効果的とされ、生活習慣病予防も期待されています。

 

DHAは脳内で神経細胞を活性化し、記憶力・学習能力・判断力を
アップさせると判明しており、脳の栄養素とも言われています。
また、アルツハイマー型認知症へも効果を発揮してくれます。

 

DHA・EPAは、同時摂取することでさらに効果を発揮します。

 

 

プラズマローゲン

 

こちらは、さまざまな生体内に元々存在するリン脂質の
一種で、近年認知症予防に効果を発揮します。

 

脳の酸化予防、老廃物排出を促し脳疲労を防ぎ、
健康的で若々しい脳にしてくれます。

 

ただし、加齢・ストレスなどが原因で減少してしまう成分なので、
必要量をサプリメントなどでしっかり補給する必要があります。

 

 

アスタキサンチン

 

珍しい赤色の色素の成分で、優秀なアンチエイジング
効果を持ち、美容・健康分野で話題の成分です。

 

細部の栄養が届きにくい部分までしっかり入り込む
特性があり、脳内の脳神経系にも効果的です。

 

脳内の不要な活性酸素を除去し、認知症予防をしてくれます。

 

さらに、優秀な抗酸化力のあるアスタキサンチンは、
DHA・EPAの酸化しやすい変質を防ぐので、サプリメントでは
よく一緒に配合されています。

 

 

ナットウキナーゼ

 

有名な納豆のネバネバに含まれる酵素の一種です。

 

できてしまった血栓をサラサラに溶かすことで、血管詰まりを
予防するので、脳梗塞などの予防に効果的です。

 

他にもコレステロール値を下げたり、高血圧予防の働きも
あり、生活習慣病予防にも効果が期待できます。

 

最近の研究では、アルツハイマー型認知症を引き起こす
原因とされるアミロイドを分解する働きがあるとされ、
ますます認知症予防への効果を成分です。

 

 

ホスファチジルセリン

 

基本的に大豆に含まれる成分で、リン脂質の一種です。

 

しかも、脳内の神経細胞膜に存在するリン脂質の
約1割を占める大切な成分なんだそうです。

 

効果的に脳細胞の働きを促進し、神経細胞のサポートを
行い、記憶力・思考能力低下を予防してくれます。

 

毎日の食事だけでは、必要な量が十分に摂取するのが
難しいので、サプリメントなどでお手軽に補給しましょう。

 

 

フェルラ酸

 

アルツハイマー症状緩和・脳機能改善に効果を発揮する注目成分です。

 

植物由来のポリフェノールの一種で、強力な抗酸化力があるので、
脳神経細胞のダメージをしっかり修復し、さらに保護してくれます。

 

また、学習記憶向上への効果もあるそうです。

 

 

イチョウ葉エキス

 

血流改善・血管拡張の効果があり、体の健康はもちろん、
認知症予防・脳梗塞予防にも効果的とされています。

 

アルツハイマー型認知症を引き起こす原因であるアミロイドの、
脳への蓄積を防ぎ、脳内の血管障害も予防し、
脳血管性認知症を予防してくれます。