今日からできる認知症予防の効果的な方法

認知症予防サプリ

感知が難しい認知症と言われていますが、発症する前に

認知症予防・発症を遅らせることは可能とされています。

 

特に認知症予防に関しては、簡単に取り掛かれる毎日の
生活習慣・食生活などを変えることから始められるので、
早速今日からでも心構えとして参考にしてみてください。

 

 

効果的な認知症予防の方法とは?

 

食生活は栄養バランスを考える

 

認知症の中でもアルツハイマー型認知症・脳血管性
認知症と言う割合の多くを占める病状には、高血圧・糖尿病
などの生活習慣病が実は関係してます。

 

なので、食生活では塩気の強いもの・脂っこいものを
できるだけ控え、積極的に青魚(DHA・EPA)・果物・野菜・
赤ワイン(ポリフェノール)を摂取するように心がけましょう。

 

また、急激な血糖値上昇を予防するためにも、
食事は最初に野菜から食べるのがおすすめです。

 

 

適度な運動を習慣にする

 

生活習慣病予防のためには、運動も大切です。

 

筋肉を運動で刺激すれば、連動して脳神経細胞が
活性化され、脳が健康的な状態のまま維持されるそうです。

 

適度な運動でよいので、例えば毎日30分程度
ウォーキング・有酸素運動を週3日1時間程度行うなど、
できるだけ継続的に運動を行うようにしましょう。

 

 

できるだけ人と接触する

 

実は、認知症予防には人との付き合いも重要です。

 

アルツハイマー型認知症の場合は特に大切で、もし人との接触が
減ってしまい閉じこもりがちな生活をおくると、アルツハイマー型
認知症の発症リスクがぐんと高まるとされています。

 

例えば友人と会ったり、近所の人や知人と数分
話をしたり、挨拶を交わすだけでも良いでしょう。

 

 

意識的に知的行動を行う

 

興味のある美術館・博物館へ行ってみる、読書をする、
脳を働かせるゲームをするなど、頭を使う・感性を刺激する
ことを行うことでアルツハイマー型認知症を予防できます。

 

たとえ年齢を重ねても、興味関心を幅広く持ち、
引き篭もらず行動することが大切です。

 

 

睡眠習慣の改善

 

認知症発症リスクを減らしてくれるひとつの要因が睡眠です。

 

自分の平均睡眠時間を計算してみて5時間以下の場合、
アルツハイマー型認知症発症リスクが高くなります。
規則正しいとされる平均6〜8時間の睡眠リズムにすること、
昼寝習慣(30分程度)がおすすめされています

 

「公益財団法人 認知症予防財団」が認知症予防方法について
簡単にわかりやすく10か条にして紹介しています。
(抜粋:http://www.mainichi.co.jp/ninchishou/yobou.html)

 

1.塩分と動物性脂肪を控えたバランスのよい食事を
2.適度に運動を行い足腰を丈夫に
3.深酒とタバコはやめて規則正しい生活を
4.生活習慣病(高血圧、肥満など)の予防・早期発見・治療を
5.転倒に気をつけよう 頭の打撲はぼけ招く
6.興味と好奇心をもつように
7.考えをまとめて表現する習慣を
8.こまやかな気配りをしたよい付き合いを
9.いつも若々しくおしゃれ心を忘れずに
10.くよくよしないで明るい気分で生活を