認知症の種類別「原因」と「症状」についての解説

認知症予防サプリ

「痴呆症」と昔は言われていた認知症には、実はいろいろな

種類があり、原因・症状も違うことが判明しています。

 

主に認知症として知られているのは、加齢による
脳細胞の死滅、もしくは活動の衰えから、記憶力・
思考力・判断力が低下する事とされてきました。

 

今回は、一般的に発症数が多い認知症の原因・症状
などを、種類別にわかりやすく解説していきます。

 

 

認知症の種類「原因・症状」

 

アルツハイマー型認知症

 

【原因】
最も有名な認知症として知られているのが、こちらのアルツハイマー型です。
なんと認知症全体の約6割がこのアルツハイマー型とされています。

 

原因は、脳にたんぱく質のアミロイドベータがたまり、神経細胞が
破壊されてしまい起こる脳萎縮に起因するとされていますが、なぜ
アミロイドベータがたまるのかと言う根本的な原因は不明です。

 

遺伝・加齢が関係する認知症ですが、近年の研究では、他にも
高血圧・糖尿病などの生活習慣病も関係があるとわかってきました。

 

【症状】
ちょっとした物忘れとは違い、わかりにくいかもしれませんが
初期症状としては「忘れていることを忘れている」のが特徴です。

 

例えば、食事内容・物の名前を思い出せないとは違い、
食事した事自体を忘れているなどです。

 

進行していくにつれ、時間認識が出来ない・被害
妄想・言語が失われ意思疎通が難しくなっていきます。

 

それとともに身体機能の低下も進行し、歩行困難から
最悪は寝たきりになることもあります。

 

 

脳血管性認知症

 

【原因】
こちらは認知症の約1〜2割の症状で、脳梗塞・脳出血などの
脳血管障害が原因となり認知機能低下が起きます。

 

脳血管障害が起きるのは、高血圧・糖尿病などの
生活習慣病が要因とされています。

 

脳血管性認知症予防を効果的に行いたいなら、
生活習慣病予防をしっかり行うのが重要です。
また、脳血管障害早期発見・早期治療を行うことでも、
認知症進行自体を抑えられるとされています。

 

【症状】
初期症状は、意欲低下・注意力低下が見られ、
うつ病に似た状態が見られる場合もあります。

 

脳血管障害が原因でダメージを受けた脳の
部分により、その症状にも違いがあります。
出来ないこと・出来ることがハッキリわかれたり、
まだらボケ状態が起こることもあります。

 

 

レビー小体型認知症

 

【原因】
認知症の中でも脳血管性認知症と多さは同じ程度です。

 

原因となるのは、アルツハイマー型と同様でたんぱく質の
レビー小体が脳に蓄積し、脳萎縮を引き起こすとされています。
その原因はいまだ解明されていません。

 

パーキンソン病の原因でもレビー小体はあるので、認知症との
同時発症が起こる場合のあるやっかいな存在です。

 

【症状】
上記の認知症とは違い記憶力低下は目立たず、
主に幻視・幻聴が出現する場合が多いとされています。

 

また、自律神経低下・身体的機能低下も起こりやすく、動きの緩慢、
硬さを感じるようになり歩行に違和感をおぼえることになります。

 

特徴としては現れる症状にムラが多く、記憶・気分などが頻繁に
変わることがあり、生活の中でトラブルを多々引き起こします。

 

 

その他認知症

 

前頭側頭型認知症

こちらは今のところ2タイプ確認されており、脳の神経細胞に
ピック球が蓄積するタイプ・たんぱく質のTDP-43が蓄積する
タイプが認められています。その蓄積原因は不明です。

 

症状進行はゆっくりと進み、物の言葉の意味を忘れてしまったり、
極端に性格・嗜好が変わったり、異常行動を起こすことも多くあります。

 

 

クロイツフェルドヤコブ病

たんぱく質のプリオンに脳が感染し、海綿上に脳自体が変質してしまう病です。
非常に進行が早く進み、うつ状態・不安・運動失調・異常行動などを
引き起こし、最悪の場合発症1年以内に亡くなってしまう可能性もあります。

 

 

皮質基底核変性症

若い年齢層から発症する可能性が高く、40代で早ければ発症します。
グリア細胞・神経細胞の変化が起こり、前頭葉・頭頂葉に
酷い萎縮が起こります。

 

多くの場合は、身体機能低下が起こり、体をうまく動かせなく
なり、付随運動も引き起こす場合があります。